二次元にどっぷり浸かりにいってくるVR遂行記~PSVRとHTC ViveとOculus Riftを添えて~

二次元沼に浸かりたいがためにVRに手を出していく人のブログ。カスメ関連の話題が多い。あととうとうViveとRiftとPSVRの3機種がそろうことになりました。

なんかすごいえっちなゲームが完成していて驚いている~コイカツ!~

さっき届いたイリュージョンのメールを開いたら、すごい好みな萌え系モデリングのえっちなゲームがうつっていました。

 

www.illusion.jp

 

もう自分の好みにあるVR系エロゲーはKISSのカスメ系からしかでないんだろうな、って思っていたので、かなりびっくりしています(といってもVR対応自体はおまけっぽい感じですけど)

 

イリュージョンはリアル系の造形しかやらないと思っていたのになあ……

 

とりあえず百聞は一見にしかず、明日アキバソフマップいって予約してきます。

 

(2018/04/07追記)

Twitterでジンコウガクエンシリーズ、メイトシリーズのことを指摘されました。確かに大元の流れ自体はありましたね……。

 

追記:VR関係ばっか追っていた2年くらいだったのに、何故か正反対のバイクにも興味がでてきていました。なお現在の総額からみるとST250などバイク関連に費やしたお金よりVR関連に費やしたお金のほうが多い模様……

ゲーム制作近況~出オチ記事~

【悲報】イラスト担当が辞意を表明、たかヰ氏ゲーム制作頓挫3回目(イラスト担当逃亡案件:3回)

 

少し前に話していたゲーム制作についてですが、いったんプロジェクト凍結、まあ頓挫いたしました。

 

複合的な要因となっているので誰が悪いとかそういった話ではないです。

 

理由

・大学サークルがコミケに受かったものの、評論島につき、無理なスケジュールで完成させるよりももう少しゆとりのあるスケジュールで完成させようとか俺が言い出す。

 

・それにより制作時期がズレる。

 

・ズレた制作時期がイラスト担当の忙しい時期とバッティング。元々無理を承知でイラストを頼んでいたので抜けることに。

 

悪いのはスケジュールをずらした僕でした。はい。

 

まあともかく、紙芝居なゲームってイラストが肝心要かつ結構重労働ですので、ゲーム制作となると他の人に迷惑がかかるとかで乗り気な人があんまりいません。で、肝心要なため、イラストがあがらないとゲームが完成しません……(まあ結構前の有名フリーギャルゲーにはキャラクターイラストなしのものもありますが)。

 

さて、ゲーム制作をまた進めるには、イラスト担当をとっつかまえなくてはいけないのですが、まあなかなか大変だなあと。

 

イラストを自分で生産できれば工程が止まらないのにとは思います。

 

一応、今は3Dモデリングの勉強とUE4の勉強をはじめております。どちらもそれなりに身についたならば、それでゲームが作りたいですね。

 

完成しているのに表に出ないシナリオが貯まっているので、とりあえず自分でカバーできる範囲は自分でカバーしていこうと意気込んだ今日この頃でした。

主人公=プレイヤーのプレゼンスとヒロインが生きていること~VRカノジョがいまいち萌えられなかったわけ~

まずは、一人暮らしをしている人もしていない人も、隣人が美少女、しかも女子高生というシチュエーションを想像してみてください…。

さらに、その子があなたの部屋で勉強を教えてほしいと、恥じらいながら訪ねてくる…。

 

 

      ,.r''´      ; ヽ、
    ,ri'  、r-‐ー―'ー-、'ヽ、
   r;:   r'´        ヽ ヽ
  (,;_ 、  l          ::::i 'i、
 r'´    i'   _,   _,.:_:::i  il!
 ヾ ,r  -';! '''r,.,=,、" ::rrrテ; ::lr ))
  ! ;、 .:::;!    `´'  :::.   ' .::i: ,i'
  `-r,.ィ::i.      :' _ :::;:. .::::!´
     .l:i.     .__`´__,::i:::::l
     r-i.     、_,.: .::/
      !:::;::! ::.、     .:::r,!
     l::::::::ト __` 二..-',r'::::-、
     l;::i' l:     ̄,.rt':::::::/   ` -、
    ,r' ´  ヽr'ヽr'i::::::::;!'´

 
ソレナンティエ=ロゲ[Sorenantier Roget]
     (1599~1664 フランス)

 

 

もくじ 

・One Room VR化プロジェクトの紹介
・主人公=プレイヤーの図式を保つ
・おまけ 主人公=プレイヤーの図式をかなりがっつりさせた例~新妻LOVELY×CATION VR結婚式~
・VRギャルゲーへの転用とその際の重大な問題
・VRカノジョがいまいち萌えられなかったわけ
・おまけ PRETTY×CATIONのラブリーコールシステムで自我を保つ

 

One Room VR化プロジェクトの紹介

 

男子大学生が一人暮らしを決めると、必ず「隣にちょうど年の近い一人暮らしの女の子とか住んでて、なんだかんだで仲良くなって恋人とかなれたらなあ」とか考えます。

 

まあ「年の近い女の子」というところは人によりけりで、年上好きならOL、年下好きなら……小中学生が一人暮らしはまあないので、女子中学生のいる世帯とかに置き換えられますが、ともかく、そんなことを考えます。断言します。絶対考えてる。

 

今日見つけたのは、そんな一人暮らし隣人女の子仲良し計画を実現するクラウドファンディングです。

 

camp-fire.jp

 

One Roomというのは、昨年放送されたアニメです。オムニバス形式で3人の女の子が登場し、それぞれのシチュエーションでストーリーが展開されます。どの話しにしろ、主人公は一人暮らしとなっております。

 

そのアニメの2期が決定したことにより、制作会社はVRプロジェクトを立ちあげたようです。

 

そのプロジェクトページの冒頭に載っていた文を今回引用いたしました。下のAAは僕が最初に感じた気持ちです。

 

VRプロジェクトで抜擢されたのは1期で最も人気だった女子高生の花坂結衣(はなさか ゆい)ちゃん。プレイヤーは主人公となり、結衣ちゃんとあれやこれやします。

 

技術的に特筆すべき点は、AppleのARKitを活用したポジショントラッキングの実装です。スマートフォンを用いたVRって、実は自分のいる位置がVR内で再現されないんですよね。なので、どちらかというと、VRの中にいるというよりは、のぞき窓から見ているような、すごくもやもやした気分を感じます。

 

しかし、ポジショントラッキングを実装したことにより、自分のいる位置がVR内に反映されます。つまり、結衣ちゃんがいる部屋に自分が”いる”ことになりますっ。

 

すなわち、自分は結衣ちゃんと同じ空間に、対等の存在としていられます。つまり、俺が主人公だっ! ってことになるのです!

 

このプロジェクトのリターンは、制作者側の「あんたが主人公や!」っていう気持ちを高めてくれるものとなっております。

 

賃貸契約書がついてきます。

 

可愛い女子高生がいる部屋は正真正銘あなたのものなのです。

 

春から大学生とか社会人とかで、一人暮らしをする男性諸氏。もし現実で「一人暮らしの隣人女の子と仲良し」の夢が破れたとしても、結衣ちゃんがいます!

 

・主人公=プレイヤーの図式を保つ

 

AppleのARKitによるポジショントラッキングの実装は、TGS2017で披露されたエロマンガ先生VRによって賞賛をもって迎えられました。

 

まあ、この話しはさっきもしたので、とりあえず置いておきましょう。

 

VRプロジェクトのリターンにある賃貸契約書というものですが、こういう類いのものはエロゲー業界ではお約束的なものとなっています。

 

特に、ヒロインに自分の名前を呼んでもらえて、ヒロインと恋仲になっていちゃいちゃすることを目的とするタイプのエロゲーでは、主人公=プレイヤーという図式を維持しなくては、ヒロインの愛するのは”自分”であるというプレゼンス(実在感)が剥がれ、ようわからん男と、自分が好きなヒロインがいちゃついているのを見つめるという大変もの悲しい、いや、むかつきさえするゲームとなってしまいます。

 

この主人公=プレイヤーのプレゼンスを見事保ち、なおかつヒロインが可愛いエロゲーは大変人気となります。ゲーム内での主人公の性格や言動を、想定されるプレイヤー自身の考える、「本来こういうシチュエーションのような人生だったならば、俺(=プレイヤー)はこんな人間になっていたはずだ」で想像された人格と出来る限り一致させることが重要となります。

 

こういった定石を踏んだ上で、さらに主人公=プレイヤーのプレゼンスを高めるものが、「賃貸契約書」などの”現実と二次元の境目を曖昧にし、リンクさせるアイテム”となります。

 

例をあげますと、アダルトゲームブランドSMEEの作品『ラブラブル』のファンディスク『同棲ラブラブル』では、婚姻届が特典として入れられました。

 

『ラブラブル』ではヒロインと恋仲になり、いちゃいちゃする感じの話しとなります。そのファンディング『同棲ラブラブル』では、ヒロインと同棲するところから話しがはじまります。

 

同棲のその先にあるものは、結婚でしょう。特典の婚姻届にはヒロインの名前が、ヒロインたちの筆跡で書かれており、その婚姻届にプレイヤーの名前を自ら書き足すことで、はれて、プレイヤーはヒロインと”結婚することができます”。

 

主人公=プレイヤーの図式を強固なものとし、ヒロインに恋し恋されるという状態を作り上げることが、この手のいちゃらぶ系恋愛ゲームの肝といえるでしょう。

 

・おまけ 主人公=プレイヤーの図式をかなりがっつりさせた例~新妻LOVELY×CATION VR結婚式~

 

僕がこの手の主人公=プレイヤーの図式を作り上げる、提供する形の中で、度肝を抜いたのが、hibikiworksの『新妻LOVELY×CATION』です。

 

特典ではないのですが、このメーカー、VR結婚式なるものを開催しました。 

 

http://www.hibiki-site.com/niiduma_lc/vr_event.html

 

さすがに抽選ではあったのですが、実際の結婚式場にて実際に正装に着替えるという手の込みいりっぷり。

 

ここまでやるのかというもので、本当に驚きました。

 

LOVELY×CATIONシリーズおよび系譜的に似ているPRETTY×CATIONは「ラブリーコール」システムを搭載、ヒロインから自然な形で名前を呼んでもらえるなど、元々かなり主人公=プレイヤーを意識してつくられた作品です。

 

LOVELY×CATIONシリーズによりかなり固く結ばれたヒロインとの絆を、絶対的なものにまで昇華させる手法としてVR結婚式を行ったわけです。hibikiworksこわいなあと思いました。

 

ちなみに、新妻LOVELY×CATIONではマリッジリングも作ることができました。

 

http://www.hibiki-site.com/niiduma_lc/marriage_ring.html

 

・VRギャルゲーへの転用とその際の重大な問題

 

このいちゃらぶ系恋愛ゲームにおける主人公=プレイヤーの図式はVRギャルゲーにも応用が可能でしょう。むしろ、VRギャルゲーに求められるのはやはりヒロインとのいちゃらぶが主体でしょうし。

 

ただし、VRギャルゲーにはもう一つ大事な問題があります。主人公=プレイヤーの行動が自由すぎると、ヒロインがどうしてもそれに対処できないのです。人工知能を搭載しているわけではないため、ヒロインのプレイヤーへの応答は限度があります。

 

この応答が不自然であると、主人公=プレイヤーの図式は崩れなくとも、「このヒロイン頭おかしいこと言ってる……あぁ、”キャラクター”だからか」と、創作物にとって大事な”キャラクターとは生きているものだ”という大前提が崩れてしまいます。

 

プレイヤーはキャラクターに”生きている”ことを求めています。無生物萌えの人なんてそうそういません。ヒロインが生きていて、魅力的であるためにプレイヤーはヒロインに恋をするのです。

 

その相手が感情もなく、ただセリフを喋っているだけの人形であるとプレイヤーが認識してしまうと、あらゆる実在感が崩壊します。

 

VRギャルゲーでは、ヒロインが人形になってしまわず、なおかつ、主人公=プレイヤーが”ゲームの中”だと感じさせない程度に、行動の制限をかけるといった対策が必要かと思います。

 

・VRカノジョがいまいち萌えられなかったわけ

 

これら「自分は女の子と恋愛をしている」というプレゼンスを盛大にぶち壊してしまったのが、イリュージョンの『VRカノジョ』です。

『VRカノジョ』はプレイヤーの行動が自由すぎたためか、扇風機を振り回すことができるなど、すでに”ゲームの中ではない”という認識を持たせることに失敗しました。

 

また、ヒロインの夕陽さくらちゃんは可愛いのですが、反応パターンが単調だったり、ちょっとお馬鹿すぎるところもあって、恋できませんでした。

 

一応弁護しますと、もともと、イリュージョン自体も、VRカノジョのことを恋愛ゲームとして作ったわけではないかと思います。

 

ですが、これら要因によって、VRカノジョはなんかいまいち萌えられないゲームになったのだと感じます。

 

 

・最後に

 

この記事、最初はOne Room VR化プロジェクトの紹介に留めるつもりだったのですが、いつの間にかいちゃらぶ系恋愛ゲームにおける肝だなんて、よくわからない文になってしまいました。

 

正直なところ、人工知能でうまくヒロインがプレイヤーに対応してくれれば、SFみたいな、「人工知能に恋する人間」という感じになるにしても、簡単に萌えられるゲームになるのになあと思います。

 

ストーリー性のあるエロゲーは、あくまでストーリーを見せるものであるため、主人公=プレイヤーの図式を守る必要はそこまでなく、こちらに関しては、VRエロゲーでもまだ容易につくることができると思います。

 

しかし、いちゃらぶ系VRエロゲーは、ヒロインにプレイヤーが恋した上で、ヒロイン”が”プレイヤーに恋したように見せなくてはいけません。

 

画面という行動制限のある今までのエロゲーならまだしも、空間にいるVRでは、その行動制限がプレゼンスをぶち壊しかねないものとなりかねないため、かなりの試行錯誤が必要かと思われます。

 

けれども、いつかそのような、ヒロインに恋し恋されることを身をもって体験する時代がきてほしいものです。

 

・おまけ PRETTY×CATIONのラブリーコールシステムで自我を保つ>

 

僕は記事の最後にドン引き案件をつけないといけない縛りでもあるのでしょうか。それはともかく、PRETTY×CATIONの話題になったら、この話をしなくてはと思いましたので、いれます。

 

ラブリーコールシステムでは、ヒロインに名前を呼ばれます。NEW GAMEを選択すると、その呼ばれる名前を決めるシーンとなるため、やりようによっては、ヒロインに自分の名前を連呼してもらえることができます。

 

f:id:takawitomoki:20180108210713j:plain

 

僕の場合、「ともくん」と「ともきくん」の二つが入っているため、これを交互に選択することで、自らの名前を呼ばれ続けるという大変素晴らしいことができます。名字とかこそあど言葉で指定される人生を歩んできたため、正直、プリチケで名前を呼ばれた回数がリアルにて名前で呼ばれた回数を軽々と超えております。

 

僕と同じく、名字やこそあど言葉で呼ばれ続けた人、自らの名前を忘れないため、自我を保つために、やってみてはいかがでしょうか。

 

僕は童貞なので希美ちゃんが好きです。

18年の二次元アダルトVR(VRエロゲー)について

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 

f:id:takawitomoki:20170516223218p:plain

 

さて、VR方面でこのブログならではの情報を発信していくとしたら、まあMogura VRとかではあんまり書けないアダルト方面、それも二次元、すなわちVRエロゲーについて発信していくのがよいのではと思っております。

 

というわけで、18年の、現在わかる範囲でのVRエロゲーの情報を少しまとめていこうと思います。ブランド別でいきませう。

 

ちなみに、基本としてPC用VRヘッドセットにてプレイをすることが想定されているVRエロゲーを中心に取り上げます。スマートフォンをメインとしたVRソフトではどうしても現状では没入感の点からPC用VRヘッドセットには叶わないと私が判断したためです。

 

・KISS

CUSTOM ORDER MAID 3D2

 

おそらく一番活発にVRエロゲーを出しているのは、カスタムメイドシリーズで知られるKISSでしょう。同社は18年2月23日にカスタムメイドシリーズの新作、『カスタムオーダーメイド3D2』を発売するとのこと。

 

カスタムメイド3D2からはそこまで大きな変化はないように感じられます。キャラクター(性格)の追加、ダンスの追加、そして、新しい表情などのパーツの追加です。

 

youtu.be

 

VRは、Oculus RiftとHTC Viveに対応、推奨スペックのほうも、カスタムメイド3D2と変わらず、GTX970以上のグラフィックボードが必要とされています。

 

個人的な大きな問題としては、Chu-Blip(ワイヤレスオナホコントローラー)への対応が公式サイトを見る限りないことです。VRと組み合わせるとまさに次元を超越し、二次元娘とのいちゃこらえっちを可能とするデバイスとの連携に期待したいです。

 

KISSとしても、Chu-Blip Sコントローラーを出すなど、ある程度需要を見込んでいるとは思いますので、カスタムオーダーメイド3D2発売後、カスタムオーダーメイド3D2 with Chu-Blip Sなどといった形で、別のソフトウェアとして出すかもしれません。

 

そのため、私はカスタムオーダーメイド3D2を実は予約していません……。

 

・イリュージョン

VRエロゲーの両雄のもう片方、イリュージョン。17年はVRカノジョを発売し、大きく話題になりました。7月には例のカノジョハッカソンなど、テック系イベントも行っております。

 

そんなイリュージョンの18年のVRエロゲーですが、関連のありそうなところとしては、『プレイホーム』のアペンドディスク、『プレイホーム 追加ディスク+スタジオ』のみなど、現時点では、大々的に発表している情報はでておりません。

 

しかし、イリュージョンは2018年に、別ブランド・IVRのほうにて、『SUMMER VACATION』と『VRカレシ』のほうのリリースを発表しております。

 

i-vr.jp

 

詳細は不明ですが、『VRカレシ』のほうはiOS/Androidにて配信予定と、新規市場へと出る様子ですので、注目が集まります。

 

・同人サークル系

17年は多くの同人サークルによってVRエロゲーが作成されました。VRエロゲー同人サークルとしては先頭を突っ走るVRJCCは、『アンナちゃんであそぼ!』をリリースしましたね。

 

そのほか、サークル「Citor3」からは『ビーチハウセックス』、「しめなわん」からは『猫にゃんのお部屋VR』がリリースされました。

 

また、17年1月19日に開かれたアダルトVRエキスポin大阪でブース出展を行っていたサークル「白濁プロジェクト」も、『チルノと仮想現実』をリリースしています。

 

では、18年の同人サークル系VRエロゲーはどうなるのか。

 

ぶっちゃけ、上述したサークルはどこも情報を公式サイトでは出していないためさっぱりわかりません。

 

新規サークルでは、サークル「すぺるますたあ」の『トレ淫姦VR』が18年の1~3月のどこかで発売する模様です。

 

17年にVRエロゲーを完成させたサークルの多くは、クオリティアップ等でまだ新作に本腰をいれられていないのではないかと少し思ってしまいますが、新しいサークルがVRエロゲーを制作していっており、18年もちょこちょこと同人サークル系のVRエロゲーはリリースされるものとみられます。

 

・まとめ

 

勢力図(?)は17年と大きく変わらず、KISS+イリュージョンの2大3Dエロゲーメーカーに、同人VRエロゲーサークルといった構図が18年も続くでしょう。

 

というのも、あまたあるエロゲーメーカーの技術職に求められる技術(平面で展開される、絵師、ライター、作曲家の創作物をゲームという総合芸術にまとめあげる技術)と、VRエロゲーに求められる技術(3Dモデリングといった従来の絵師が担当する部分+Unityなど、文章中心のエロゲーでは用いることが少ないツールの使いこなし)は大きく違うため、なかなかエロゲーブランドのVRエロゲー新規参入は進まないかと思われます。

 

しかしながら、サークル「Spicy Tails」の『Project LUX』のように、従来のエロゲーのような、ストーリー性のあるシナリオと3Dモデリングで作られたヒロインらキャラクターの両立は可能であります。18年中とはいきませんでしょうが、数年以内には、ストーリー性のあるシナリオをもったVRエロゲーというものがでてくるかもしれません。

 

王道学園ラブコメラッキースケベもらうような学園生活をVRで送りたい、そんな信念を述べたところで新年最初の記事は締めさせていただきます。

 

二次元美少女とえっちする方法~カスタムメイド3D2を使って~

うさんくさいタイトルです。

 

今回思いましたのは、カスタムメイド3D2 with Chu-Blip Sを用いて、二次元の女の子とえっちするにはどれだけのお金がいるのか

を書き起こした方がいいかなということです。

 

VRヘッドセット関係の話しが含まれるので、金銭はどうしても高くなります。

二次元の女の子としかえっちしたくない

ような人にお勧めの記事です。

 

PS.アダルト系グッズばっか出てくるのでこの記事にAmazonリンク貼ってないです(貼れなかった(´・ω・`)

 

f:id:takawitomoki:20170927212517p:plain

サムネ用に最近つくった女の子おいておきますね。

・必要なもの

・カスタムメイド3D2 with Chu-Blip software side と Chu-B lip Sコントローラー

・VRが動くPC

・VRヘッドセット

・ローション

(番外編:抱き枕)

 

以上です!

 

・カスタムメイド3D2 Chu-Blip software side と Chu-Blip Sコントローラー

重要。ゲーム本体です。

カスタムメイド3D2 Chu-Blip software sideとChu-Blip Sコントローラーと描いてありますが、カスタムメイド3D2を存分に楽しみたい場合は、

カスタムメイド3D2 with Chu-Blip Wパック 

を買うことをオススメします。Amazon18,680円です。

 

・VRが動くPC

元々カスタムメイド3D2自体が、普通のノートパソコンで動かすにはちょっと性能が足りないという、重めのゲームであったりします。

 

カスタムメイド3D2だけをプレイするのであれば、グラフィックボードとよばれる部品を、GTX1050 Tiとよばれるものくらいを買ってこればヌルヌル動きます。

 

しかし、今回の目的は二次元美少女とのえっちです。そのためには、VRは不可欠であります。

 

VRが動くPCは、GTX1060、GTX1070、GTX1080といったパーツを搭載しているものがオススメです。一つ前の世代の、GTX970などでも動きます。しかし、最新型と値段変わらないのに性能だけは段違いだったりするので、一番安いGTX1060よりは上のものを買いましょう。

 

自作PCの人には説明がいらないですが、BTOやそもそも普通のパソコンしか持ってない人もいるかと思います。

 

そういうときは、「VRが動くPCが欲しい」とだけ、PC専門店のスタッフに伝えれば大丈夫です。

 

PC専門店というのは、ビックカメラとかエディオンとかヤマダ電機といった家電量販店ではなく、ツクモドスパラといった、大都市にしかなさそうな、性能の高いPCもそろえているPCショップのことです。僕はツクモ派です。

 

家電量販店で購入することを勧めないのは、単に、店員の知識不足から、VRが動くか分からないPCを買って泣き寝入りといった自体を防ぐためです。

 

ヨドバシレベルの店員ならばそこは考えなくてもいいのですが、岐阜のエディオン(地元)とか、そういう地方の家電量販店の店員のレベルはどうしても高くないので、いっちょ大都市のPCショップに足を運ぶことを勧めます。

 

ネットで買う場合は自分で知識をつけないと、こちらも泣く羽目になります。VRが動くPCって、ニーズが小さいのでまだそこまで認知されていないんですよね……。

 

予算としては、15万円ほどを見積もっておきましょう

 

www.moguravr.com

 

去年書いた記事になりますが、詳しくはこんな具合です。こちらも参考にしてみてくださいね。

 

・VRヘッドセット

 

大事。大事なのですが、まず基礎知識からいきましょう。

 

現在、カスタムメイド3D2が対応しているのは、

Oculus Rift

・HTC Vive

と呼ばれる、2つのVRヘッドセットです。この二つのどちらかを買っておけばOKです。Windows Mixed Realityとか、いろいろとVRヘッドセットで検索をかけると出てきます。しかし、Windows Mixed Reality対応のヘッドセットで、本当にカスタムメイド3D2が動くのかは、現物がないとどうしても分かりません。今は上記2つのヘッドセットであれば大丈夫です。

 

というか、Windows MRヘッドセット、一般向けの匂いがあんまりしないので、詳しい使い方がでるまでは手を出さないほうがいいです。具体的には、この記事を読んでいる層、二次元美少女とえっちしたいけど何をそろえればいいのか分からないという人は手を出さないほうがいいです。あれは開発者とかなんかギークっぽい人がまず手を出して、それで、ある程度環境が整ってから、手を出すものだと思います。

 

話しが逸れましたね。で、HTC ViveとOculus Rift、どちらがいいのかと言われると、どちらにも利点はあります。Riftのほうが安いとかね。

 

しかし、2機種とも持っている僕からすると、カスメVRをやる分には、HTC Viveのほうがよろしいかと思います。

 

理由としては、トラッキングの精度があります。Oculus Riftはどうしても、センサー2個ではちょっと無理があるんですよね。たまにコントローラーのトラッキングがどっかいってしまいます。3個にすれば変わるのでしょうが、そこまで手間をかけるならHTC Viveのほうが楽ちんです。

 

何故トラッキング精度が大事かと言われますと、カスメVRで二次元えっちする上で大事なものが、没入感であるためです。二次元の女の子とえっちしているんだ! と、自分が信じられる環境づくりが大事なわけです。

 

しかし、Riftの場合、コントローラー、つまり、手がどこかに飛んでいきやすい。これから二次元の女の子とえっちだというのに、手が一瞬ぴょーんと飛んでいくわけですよ。

 

その瞬間、魔法はとけてしまいます。

 

その魔法をとけないようにするには、コントローラーのトラッキングが外れることがほぼないViveのほうをオススメします。

 

こちら、PCショップやネットでも購入できます。Amazonでは売ってないので気をつけよう! (Amazonで売っているHTC Viveは正規のルートのものではないので、高い上に保証もつきません)

 

www.moguravr.com

 

Viveに関してはこんな具合です。なお、価格のほうは改定されており、値下げされました。

 

www.moguravr.com

 

こちら、84,110円となっています。

 

・ローション

忘れがちなので大きめの文字にしました。

 

カスメ3D2で二次元の女の子とえっちする際、彼女と繋がる部分にはオナホールが使われています。おとなのおもちゃってやつですね。

 

で、三次元なら濡れる機能がありますが、オナホールにはそんな機能ありません。潤滑剤として、ローションを購入しましょう。ペペローションとよばれるものが、オナホール用にはよく使われます。

 

お値段547円です。

 

・まとめ

 

ここまでそろえて、VRヘッドセットをつければ、晴れて、あなたは二次元へと召喚されることとなります。二次元の女の子といっぱいえっちしてください。

 

では、被召喚費用のほう、まとめましょうか。

 

カスメゲーム本体 18,680円

VRPC                       15万円ほど

VRヘッドセット  84,110円

ローション              547円

 

合計:253,337円

 

これだけのお金があれば、サイト君でなくとも、誰もが召喚されることができます。

 

非常に高い金額です。しかし、手が届かないわけでもない絶妙具合です。

 

二次元でしかえっちしたくないと述べる諸氏にとっては、なんとか出せる金額ではないでしょうか?

 

3次元の風俗ではありえない、自分の好みぴったりな二次元美少女と何発してもお値段変わらずです。3次元だったら嬢と一緒にいる時間が延びるほどお金もぴょんぴょんしますが、二次元美少女(かわいくてえっち)となら、何時間いてもこのお値段なわけです。

 

あなたも二次元の女の子とえっちしよう! 次元を越えよう! 主人公になろう!

 

・番外編 Chu-Blipが装着できる抱き枕を探せ!

 

番外編としたのは、僕も試したことがないからです。

 

この世界は広いもので、オナホールを装着することができる抱き枕というものがあります。

 

/ 抱き枕・ラブピロー | 大人のデパート エムズ

 

大人のデパートで売られているこういうものや、

 

www.melonbooks.co.jp

 

ガチの抱き枕にオナホ固定機を備えたものまであります(メロブで村雨なのは趣味)

 

こういうものを試し、正常位でChu-Blipを固定して、VRでも現実でも正常位でえっちというのも試すことができるでしょう。

 

なお、Chu-Blipデバイスは案外大きいので、入らなくても自己責任でお願いします。僕もいろいろ探しているのですが、どうしても上手くいくのがない&オナホ固定抱き枕は高い……

 

これだ! というものを発見しましたら、報告いたします。こういうのにアフェリエイト収入とか使えるといいんだろうけど、そもそもこのブログアフェリエイトもへったくれもない(&筆者本人もアフェリエイトのやる気がない)ので、筆者の気が向いて買って、試していく形になるでしょうねー。欲しいものリストとか公開したらいいんでしょうけど、オナホ固定抱き枕で埋め尽くされるリストってカオスすぎる気がします。

 

以上です! カスタムメイド3D2をVRでやったらどうなるかとか、そういったことはこのブログの過去記事をお読みください。僕には1銭も入ってきませんが、二次元とえっちすることを志す人が増えることが僕にとってはうれしいです。

 

・カスメ過去記事

vrtaiken.hatenablog.com

 

・やっつけAmazonリンク(コンドーム自体はオナホールの処理がしやすくなる&二次元の女の子とも避妊を考える自分に酔えるので、おすすめです)

 

めちゃうす 1000 1箱12コ入×3パック 【SKYN お試しサンプル付】

めちゃうす 1000 1箱12コ入×3パック 【SKYN お試しサンプル付】

 

 

なんで最後の最後で引かれるような文章を書いたのか、さっぱりわかりません。しかし、もうエロい人を否定できないので、このまま突き進んでいこうと思います(Twitterのプロフ欄をみると何言っているかわかるよ)

 

カスタムオーダーメイド3D2が出る……だと……~僕のchu-Blip Sが使えるとうれしい~

 

僕は割とnaoのファンです。どれくらいかというと、Fripside nao projectと、今まででてきたアルバム全部買ってて、基本いっつもウォークマンとかMediaGoで聴くくらいです。ライブとか、行ってみたいな……。あ、nao×竹下智博の曲が本当に好きですね。カラオケで歌えないのが非常に悔しい。

 

話しが逸れました。

 

naoのツイートで知ったのですが、カスタムオーダーメイド3D2なるものが出る模様です。

 

hkr-2486.hatenablog.jp

 

内容まとめはこのブログを参考にしました。

 

で、ひとまずご意見フォームのほうにこれを送信しました。

 

Chu-B lip系のワイヤレスコントローラーとの対応を希望します。それらとの互換性が無くなっても良いので、ワイヤレスオナホコントローラーに対応してほしいです。

また、VR化もお願いします。

VRとワイヤレスオナホコントローラーの組み合わせによる二次元の女の子とのえっちを実現してくれたカスタムメイド3D2に私は革命を見ました。ぜひ、カスタムオーダーメイド3D2でも実現していただきたいです。

 

二次元とのえっちに欠かせないこの二つを、ぜひKISSが実現することを願ってやみません。

 

二次元美少女といちゃこらえっち、したいんだよ!!

 

おしまい

 

 

「nao 7th to the end ⇔ to the last」 / nao

「nao 7th to the end ⇔ to the last」 / nao

 

 

 

nao 1stアルバム「prismatic infinity carat.」

nao 1stアルバム「prismatic infinity carat.」