読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元にどっぷり浸かりにいってくるVR遂行記~PSVRとHTC ViveとOculus Riftを添えて~

二次元沼に浸かりたいがためにVRに手を出していく人のブログ。カスメ関連の話題が多い。あととうとうViveとRiftとPSVRの3機種がそろうことになりました。

VRカノジョの夕陽さくらちゃんの胸の揺れ方に関して

なんかかっこよく見えて実はくっそかっこわるいタイトルですよね。

けど、なんか言っておきたいので主張しておこうかと。

 

www.moguravr.com

youtu.be

 

 

f:id:takawitomoki:20170118171800g:plain

 

おっぱい、おっぱい。

センター試験を取り入れていく姿勢)

いや、揺れすぎだろうと思いますよね。さすがイリュージョンさん。エロいこと分かってる。

 

大興奮ですよね。

 

 

 

Rift毎日かぶろう運動、3日坊主で終了~ROBO RecallとBullet Trainの宣伝~

1日一度はRiftをかぶろう運動が3日坊主の名前の前に崩れ落ち、見事に3日で毎日はかぶらなくなりました。

 

VR界では「毎日VRをかぶれるようなコンテンツがいる!」ということが叫ばれております。スマホは毎日触るじゃん? それくらい生活に溶け込ませないといけないよね! っていう感じで。

 

ただ、現状はそれは上手くいってないので、僕のRiftかぶろう運動が三日坊主で終わったのは、単純に「事前にマイクラで建設した大陸鉄道の路線を乗りつぶしてしまった」という理由だけなのです。まあつまり、ハマったコンテンツを遊び尽くしてしまったからという。

 

結局のところ、まだVRHMDはゲーム機と役割は変わっておらず、遊ぶゲームがでてこなけりゃ遊ばないよねといった感じです(放置されたPS Vitaを見つつ)。

 

今回は特に何か大きなできごとがあったかというとそういうわけでもなく、とりとめもなくつらつらとどうでもいいことをアウトプットして、よし、原稿やるぞ、という気持ちを高めるためだけに書いております。

 

で、話は変わるんですが、Oculuc Touchを購入しつつも、あまりTouchを使わないコンテンツばかりで遊んでいるわけですよ。

 

というのも、Touchをフル活用しているゲームで、THE Climbとかは面白いときくも、ちょっと今金欠なので手がでないんですよね。TouchがあるからVRの中での手はでるのに。

 

ただ、Oculus Riftにはデモコンテンツとして、「Bullet Train」なるTouch向けコンテンツがありまして、実はtouchを購入するまで体験してなかったんですが、これがかなり面白い。

 

銃を取る。引き金をひく。次から次へと沸いてくる敵をばったばったと倒していき、飛んでくる銃弾はスローになるので掴んで投げ返す。

 

楽しいんですよね。これ。

 

ただ、デモコンテンツ故に短い。けど、最後に表示される「ROBO Recall」の広告。そういやOculus Connect3のときの記事にもちらとでていたよな。と思いつつ調べるんですよね。

 

youtu.be

 

……買おっかな。

 

以上、ただ単に「Touchで銃撃つのって楽しいなぁ」って文章でした。

Oculus Rift+Touchでカスタムメイド3D2をやってみた感想~カスメ3D2はViveとRiftどっちでやったほうがいいの? 編~

Oculus RiftとTouchコントローラーを手にいれました。

f:id:takawitomoki:20170113213541j:plain

 

来月のクレカ引き落とし後の全財産が725円になる予定です。どうしよう(いや2月に渡されるMogura VRの原稿料計算にいれてないからこんなことにはならないはずなんですが)。

 

というわけで、カスタムメイド3D2(CM3D2)をOculus RiftとTouchでやってきました。

 

冒頭にRift届いた画像を載せたのは、サムネイル偽装です。えっちな内容は入ってないけど、えっちなゲームのサムネがでてるのはまずいかなって。

 

ちなみに、しばりすとGripMovePluginでコントローラーの操作性をあげています。

vrtaiken.hatenablog.com

 

MOD導入とかの話はこっちの記事で(まあこの記事でもMODの詳しい導入方法は「ググってください」でしめてるんですけどね)。

 

ともかく、Touchがでたことにより、カスメもOculus Touchに対応し、コントローラーのmodのほうもTouchに対応し、コントローラーがあるよ! というViveの優位性は消えてしまったわけです。

 

じゃあ、カスメやるならOculus RiftとHTC Viveどっちがいいの? って話ですよね。

 

Oculus Riftのほうがスクリーンドア効果(VRHMDはOLEDにめっちゃ近づいて見てるわけだから、なんかOLEDに網目ががって見えてしまう困ったやつ)が抑えられていて、それのおかげでなんか画質クリアよーとか、Viveのルームスケールトラッキング最強とか、いろいろあるんですよね。

 

ただ、カスメってそこまで字を読むわけでもないし(Chu-Blip版は特に、エロシーン目当ての場合が多いのでほんと読まない)、Viveのルームスケールが使えるからメイドに近づきやすいかって言われると、Viveでもコントローラーで移動することばかりなのでそうでもない。

 

なので、正直どちらを買ってもいいという結論になっちゃうんですよね。どっちも体験した限り。

 

強いて言うなら、

f:id:takawitomoki:20170113214547p:plain

f:id:takawitomoki:20170113214607p:plain

Touchのほうが絵的にエロい。おっぱい触れると振動あるから(おっぱいの感触にはほど遠いだろうけど)触った感ある。

 

というのがね、あるんですよ(おっぱいの感触にはほど遠い“だろうけど”としたのは、そりゃまあ、童貞ですからね、知りませんよんなもん)。

 

じゃあOculus Riftのほうがいいの? と言われると、カスタムメイド3D2なら、Rift+Touchのほうがいいかもしれません(日本国内での買いやすさで言うなら圧倒的にViveだし、保守サービスとか考えるとRiftは海外に送ることになるからやめとけとは言いますけど)。

 

じゃあ、Chu-Blip Sデバイスがいるカスタムメイド3D2 with Chu-Blipの場合はどっちがいいか。

 

これは、今年のCES2017でのHTCの発表を見ると、少し考えることがあるかもしれません。それは。

www.moguravr.com

Viveトラッカーなるものの存在です。

これをつけたものはたちまち、Viveのルームスケールでトラッキングすることが可能になるんです。

 

で、現状、chu-Blipデバイスを探すのって、VRHMDをかぶってからだと、見えないので探しづらいんですよね。その間に萎えてしまうかもしれません。

 

もうおわかりですよね……?

 

そう、Chu-Blip Sデバイスを、トラッキングすることが可能になるかもなんですよ!

 

嫁イドとの大事な夜伽の前にうっかり忘れ物してもこれで安心!

(こう書くと避妊具のことみたいですね)

 

あとですね、Chu-Blipで嫁イドと夜伽してるときって、案外胸揉むとかする余裕ないんですよね。なので、Chu-Blipを使うときは、ViveだろうがRiftだろうが手の形であることは関係なしなんですよ。

 

なので、カスタムメイド3D2 with Chu-Blip or カスタムメイド3D2 with Chu-Blip Sをお使いの場合は、将来の可能性を考えてHTC Viveのほうがよいと思います。

 

(Riftでも夜伽の前にきちんとChu-Blip手にしてればいいんですけどね)

 

まあ、どっちがいいかと言われたら、まあこっちかな、というレベルなので、ViveだろうがRiftだろうが、同じカスタムメイド3D2ユーザーとして仲良く嫁イドを愛しましょう。

 

この記事が皆様の嫁イドとの幸せなひとときの一助になることを願っています。

 

(なんだこの締め方)

 

うわぁああOculus RiftとTouch買っちゃったぁぁぁああ_(:3」∠)_

タイトル通りです。

 

Oculus RiftとTouchを購入しました。

 

現場からは以上です。

 

 

 

いやですね、日本のどこかにあると言われるモグラハウスなるところでOculus RiftとTouch体験したんですよ。ついうっかりで。

 

そしたらね、すごい欲しくなっちゃったんですよ。それは正月明けの記事でもRift欲しいとか言ってたのと繋がると思うんですけど、まあ、うん、即落ちとは言わないまでも、結局のところぽちっちゃったうわぁああああという結果です。

 

こうして僕はOculus RiftとHTC ViveとPSVRの3機種をそろえることとなりました。

 

ブログタイトルどうしましょうね。

明けましてOculus Rift&Oculus Touch欲しい~カスタムメイド3D2で揉みたいし、VRカノジョで触りたいやん?~

新年明けましておめでとうございます。今年に入ってからデイリーアクセスが少しずつ増えていって、「そういやこのブログアダルトネタ中心でアクセス増えてるんだった」と感じている今日この頃です(正月は実家に帰っている人が多いのかアダルト系の記事は伸びないとのこと)。

 

さて、世間ではCES(家電見本市。VR関連もがっつりでてる)で話題は持ちきりですね!(狭い世間?)

CES2017 | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

 

すんくぼ編集長が怒濤の勢いで現地からわっさわっさと記事を書いております。

 

僕はこれを読みながら、「Oculus Rift欲しいな」とか思ってます。

 

というのも、

 

で、Touchは、Viveコントローラーよりも手に似ているんですよね。

 

……カスメでおっぱい揉みたい

 

 

ただ、現状ではおっぱい触れるだけなんですよねー。悲しい。

 

けどまあ、何か追加された時用に、Oculus Riftも持っておくのがいいかなあとか考え始めましてね。

 

今年はWindows Holographics採用VRHMDもでますので、今年のVRHMDの累計購入額大変なことになるんじゃ、と新年早々戦々恐々しています。

 

割とガチでこんなことになりそう。

 

あと、Oculus Touchだとどうなるのかな的思いがあるものとしては、VRカノジョもそうですよね。

 

www.youtube.com

 

電動マッサージ器(意味深)だと感じ取れる人しかこのブログは読んでないだろうから飛ばしていきます。

 

まあというわけで、HTC Vive持ってるし今後でるMicrosoft主導のVRHMDも買うつもりなんんだけど、Oculus Rift欲しいなあって。

 

Mikulusやりたいし……。あ、あと、今のVRを作ったOculusに1銭もまだ落としてないからお礼として落としておきたい的な(今考えた言い訳)。

 

twitter.com

 

VRでライターやってるのにMikulusやってないのはさすがにどうかと思い始めたし、Touch持ってないのもアレな気がするとか、買う言い訳ばかり思いついてしまいますね。

 

一応買わない言い訳として、「CESでもっと面白いものが発表されて、時期が早くてお金貯められなさそうだったらOculus Rift買わない。Viveあるし(震え声)」というのも考えてありますが、今のところは、「面白そうなのあるけどなんか別にRift買ってからも買えるんじゃね(てきとう)」みたいになってます。

 

ちなみに主要VRHMDの値段一覧はこんな感じ(自分が書きました。面倒くさかったです)。

www.moguravr.com

 

ただ、これOculus Riftに関しては少し欠陥があって、「送料除く」なんですよね。Touchの送料は無料なんでいいんですけど、Riftは確か10800円くらい送料追加でかかるんですよ、なので、Rift+Touchでお買い求めになると、今は118400円するんですよね。

 

らめぇ……おサイフ死んじゃうのぉ……(白目)

 

ちなみに買おうとすると1月分のMogura VRで稼いだお金+今までの貯金となります。

 

あかん、twitterで言ってたこと実現してまう……

 

カスメでおっぱい揉みたいとか、VRカノジョでおっぱい揉みたいとかいう欲求に僕がいくらぶっこむか注目ですね!(Vive持ってるのにね)

 

 

実は紹介してない二次元美少女系VRコンテンツ~全部ではないと思う~

このブログ、カスメのことしか書いてないですよね。そりゃ書いてる人がカスメばっかやってるからなんですが。

 

しかし、実はカスメ以外のコンテンツもやってるんですよ。本当は。特に、Mogura VRに掲載してあるPSVRタイトルの紹介記事、リリースされているもののほとんどは実はプレイして僕が書いています(Mogura VRではPSVRタイトル全てを購入してたりするので全タイトル遊べるんですよね)。

【PSVR】 | 検索結果: | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

おそろしいことに初期以降全部受け持ってるんですよね(バイオ除く)。

 

ただ、PSVRコンテンツ以外、美少女でてくるVRコンテンツでもう遊べるのって、案外紹介してないんですよね。昨日VRカノジョについて書いたのも、「あ、やべタイトル詐欺なるわ」っておもったからなんですよね。

 

というわけで、今回は、まだ紹介してない美少女VRコンテンツ(全部ではないはず)を紹介します。

 

なないちゃんとあそぼ!

早速アダルトコンテンツです。飛ばしていきます。

www.vrjcc.com

 

コミックマーケットで頒布されたほか、DL購入もできます。とらのあなならパッケージ版を購入できます。

 

なないちゃんのすごいところは、スマートフォンをセンサーとして利用して、それを空気嫁やらなんやら、まあつまりダッチワイフに固定してぱこぱこすると、なんと、なないちゃんがそれに連動して動くんですね。

 

わかりやすい図を持ってきましょう。

avrsapporo.blog.fc2.com

 

このアダルトVRカーニバルin札幌の、ヘッダーの画像がとてもわかりやすいです。同じく、アダルトVRカーニバルin札幌のポスターも同じくナニやってるかがわかりやすいです。VRで女の子とナニできます。

 

で、個人的には、好きなんですけど、実用性があるかと言われると少し悩む。

 

というのも、空気嫁って結構労力かかるんですよね。膨らませるだけでもまず疲れます。で、実用性のあるものにしようとすると、これにオモチャ(察して)をつけなくてはいけない。それが面倒くさいので、悩みます。

 

ただまあ、興奮はしますよ。目の前で二次元美少女が自分の腰の動きにあわせて動いてたらそりゃ興奮するに決まってるじゃないですか!

 

次いきませう。

 

Project LUX

スーパーリッチとか言いたくなりそうなタイトルですよね(読みはルクスとのこと)。それはともかく、非アダルトコンテンツ。コミックマーケットC91(16年の冬コミ。本日最終日ですね)の1日目に頒布されてました。僕は何故か見事ゲットすることができませんでした。なので未体験ですが、なかなかに凄いと聞いています。

spicy-tails.net

 

とにかく、女の子が可愛い。

youtu.be

 

マルチエンド方式アニメーションという、「なんだかすげえぞ」って感じの方式を取り入れているため、VRアニメでありながら、自分で何エンドになるか決められるという、アニメってなんだっけとなるタイトルです(褒めてます)。

 

個人的には「狼と香辛料」で有名な支倉凍砂さん企画ってところにもびっくりしますけどね。

bnog.hatenablog.com

 

こちらのブログにレビューが書かれています。さて、これをプレイするにはどうすればいいのかな……先行頒布とのことなので、色々な入手手段がでてくると思います。その都度お知らせできればと。

 

・VRカノジョ

vrtaiken.hatenablog.com

こっち見てください。

 

・カスタムメイド3D2(with Chu-Blip)

vrtaiken.hatenablog.com

このブログのアクセス数の9割がこの記事でできているので、このブログの9割はカスタムメイド3D2です。

 

・ハニーセレクトとかイリュージョンの作品のVR対応したやつ。

公式でVR対応してたり非公式modで対応してたり色々と対応してます。ただDK2対応のまま止まってたりするものもあるのであまり期待はしないのが吉。VRカノジョ待ちましょう。個人的にはセクシービーチがどうして「イルカが攻めてきたぞ!」になったのかを知りたい(分かる人だけ笑っていただければいいですここは)。

 

だんだんと投げやりになってきましたね。

 

・なごみの耳かきVR

vrtaiken.hatenablog.com

なごみちゃんかわいい。今も疲れたときにやりたくなります。Mogura VRのスマホVRゴーグルレビューではなごみみが評価用アプリの一つになっています(他は企業秘密、といいたいですが、スマホVRゴーグルおすすめのアプリ欄に書いてあるやつです)。

www.moguravr.com

 

どうでもいいですが、このVRゴーグル記事、ずっとMoguraのデイリーランキングに入ってるんですが、書いた本人はあんまり書いた記憶がないので怖いんですよね。間違ったことは書いてないんですけど、書いたかどうか問われてぽんと出てくるほど印象に残ってないです。

 

次。

 

PSVRの美少女系コンテンツ~サマレ、ミク、アイマス

www.moguravr.com

www.moguravr.com

www.moguravr.com

あとミクのproject DIVAのやつも。

 

とりあえず、思いつく限りでは現時点でプレイできるのはこれくらいになると思います。

 

今後発売されるやつ含めたのは、そのうちMogura VRかなんかで記事にする(ただしPSVR限定になるはず)と思うのでそれまで待っててください。

 

というか企画者私です。原稿さぼってないで書けよって話ですね。

 

PS:何か抜けてるのあったらコメントください。検討して追加します。ちなみに360度動画系は抜いてあります。なぜなら数が大変なことになるから!

 

やっと体験! 『VRカノジョ』体験版をプレイしてみた~あんまりプレイ内容には触れてないのでレビューではない~

もういくつ寝るとお正月という時期になんでアダルトゲームについて書いてるんでしょうね。などと疑問に思うのもだんだんとどうでもよくなってきました。

 

なぜなら私のクリスマスイブはアダルト関連の記事を書いていたからです……

 まあこのときアダルトVRについての記事を書いていた関係で、ついに、というかやっと、VRカノジョを体験しました。

vrkanojo.com

 

youtu.be

 

体験版公開からtwitter上でときたま「扇風機になりたい」などという人類から外れてそうなコメントが流れてくるようになった根源である『VRカノジョ』。簡単にいうと、

扇風機になりたい

ということですね。

 

体験版を起動するにはOculus RiftとHTC Viveが必要なので、そこらを持っておらず、体験したいのに体験できてない人のために説明すると、

夕陽さくらちゃんのぱんつを見ようと奮闘するという内容です。

 

人類は、男はぱんつには抗えないんでしょうね。扇風機になりたい。

youtu.be

まあ大体こんな感じです。

 

個人的には、あんまり本編にはぐっとこなかったんですよね。キャラ造形がリアル寄りであることに定評のあるイリュージョンさんだからとか、そういったこともあるかもしれません。

 

まあただ単純に、体験版にはえっちなシーンが入ってないからでしょうね(そんな身も蓋もない……)

 

ただ、とても楽しいのが、この体験版、『さくらベンチマーク』なるベンチマークソフトを積んでいるのです。

 

このベンチがとても強い。僕の1070(前PC4Uが大安売りしたときにリファレンスモデルを買いました。980→1070へ進化!)では最高設定にしたときのfpsがえらいことになるんですね。(まあSteamVRの設定いじるの忘れたので45fpsに固定されてしまっているのも原因なんですが。)あと僕のPC、CPUはi5-4590KとVR Readyの水平線上にたっているのでそこも問題ありかも。まあクオリティ(最高設定の一つ下)にしたら必ずfps90でるのでまあいいやです。

 

GTX1080でやっとハイクオリティ(最高画質)に対抗でき、その1080にすると、なんと、肌のきめ細やかさや、パンストの美しさを堪能できるとのことです。

 

GTX1080……いや、ポチるより前に一度もぐらハウスで体験しよう、うん(Mogura VRの中でエロゲーをやっている姿を人に見られるのは別にかまわない模様)。

 

そんなハイスペックPCを買うとキャラ造形の美しさのとりこになる、というかパンツみたい扇風機になりたいこの『VRカノジョ』、発売日は2017年の2月28日となっています。DL専売なので、ソフマップでの予約は叶わなさそうですね。うぎぎ。

 

ちなみに、ツクモ自遊空間などではVRカノジョの体験ができます! PCなど1から買いそろえなくてはいけない人は、VR Ready PCの相談がてら体験してくるのもいいと思います(筆者のPCはツクモで買ったので僕はツクモ推しです)。

 

ちなみに、ここでオチとしてどっかのPSVRの子の名前とさくらちゃんの名前を間違えるというやばい事件の顛末を載せようかと思いましたが、やめておきます。(詳しくはMogura VR twitterを参照! VRカノジョ関連の記事のメンションに答えが載っているぞ!)