読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元にどっぷり浸かりにいってくるVR遂行記~PSVRとHTC ViveとOculus Riftを添えて~

二次元沼に浸かりたいがためにVRに手を出していく人のブログ。カスメ関連の話題が多い。あととうとうViveとRiftとPSVRの3機種がそろうことになりました。

やっと体験! 『VRカノジョ』体験版をプレイしてみた~あんまりプレイ内容には触れてないのでレビューではない~

もういくつ寝るとお正月という時期になんでアダルトゲームについて書いてるんでしょうね。などと疑問に思うのもだんだんとどうでもよくなってきました。

 

なぜなら私のクリスマスイブはアダルト関連の記事を書いていたからです……

 まあこのときアダルトVRについての記事を書いていた関係で、ついに、というかやっと、VRカノジョを体験しました。

vrkanojo.com

 

youtu.be

 

体験版公開からtwitter上でときたま「扇風機になりたい」などという人類から外れてそうなコメントが流れてくるようになった根源である『VRカノジョ』。簡単にいうと、

扇風機になりたい

ということですね。

 

体験版を起動するにはOculus RiftとHTC Viveが必要なので、そこらを持っておらず、体験したいのに体験できてない人のために説明すると、

夕陽さくらちゃんのぱんつを見ようと奮闘するという内容です。

 

人類は、男はぱんつには抗えないんでしょうね。扇風機になりたい。

youtu.be

まあ大体こんな感じです。

 

個人的には、あんまり本編にはぐっとこなかったんですよね。キャラ造形がリアル寄りであることに定評のあるイリュージョンさんだからとか、そういったこともあるかもしれません。

 

まあただ単純に、体験版にはえっちなシーンが入ってないからでしょうね(そんな身も蓋もない……)

 

ただ、とても楽しいのが、この体験版、『さくらベンチマーク』なるベンチマークソフトを積んでいるのです。

 

このベンチがとても強い。僕の1070(前PC4Uが大安売りしたときにリファレンスモデルを買いました。980→1070へ進化!)では最高設定にしたときのfpsがえらいことになるんですね。(まあSteamVRの設定いじるの忘れたので45fpsに固定されてしまっているのも原因なんですが。)あと僕のPC、CPUはi5-4590KとVR Readyの水平線上にたっているのでそこも問題ありかも。まあクオリティ(最高設定の一つ下)にしたら必ずfps90でるのでまあいいやです。

 

GTX1080でやっとハイクオリティ(最高画質)に対抗でき、その1080にすると、なんと、肌のきめ細やかさや、パンストの美しさを堪能できるとのことです。

 

GTX1080……いや、ポチるより前に一度もぐらハウスで体験しよう、うん(Mogura VRの中でエロゲーをやっている姿を人に見られるのは別にかまわない模様)。

 

そんなハイスペックPCを買うとキャラ造形の美しさのとりこになる、というかパンツみたい扇風機になりたいこの『VRカノジョ』、発売日は2017年の2月28日となっています。DL専売なので、ソフマップでの予約は叶わなさそうですね。うぎぎ。

 

ちなみに、ツクモ自遊空間などではVRカノジョの体験ができます! PCなど1から買いそろえなくてはいけない人は、VR Ready PCの相談がてら体験してくるのもいいと思います(筆者のPCはツクモで買ったので僕はツクモ推しです)。

 

ちなみに、ここでオチとしてどっかのPSVRの子の名前とさくらちゃんの名前を間違えるというやばい事件の顛末を載せようかと思いましたが、やめておきます。(詳しくはMogura VR twitterを参照! VRカノジョ関連の記事のメンションに答えが載っているぞ!)