読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元にどっぷり浸かりにいってくるVR遂行記~PSVRとHTC ViveとOculus Riftを添えて~

二次元沼に浸かりたいがためにVRに手を出していく人のブログ。カスメ関連の話題が多い。あととうとうViveとRiftとPSVRの3機種がそろうことになりました。

Oculus Rift+Touchでカスタムメイド3D2をやってみた感想~カスメ3D2はViveとRiftどっちでやったほうがいいの? 編~

Oculus RiftとTouchコントローラーを手にいれました。

f:id:takawitomoki:20170113213541j:plain

 

来月のクレカ引き落とし後の全財産が725円になる予定です。どうしよう(いや2月に渡されるMogura VRの原稿料計算にいれてないからこんなことにはならないはずなんですが)。

 

というわけで、カスタムメイド3D2(CM3D2)をOculus RiftとTouchでやってきました。

 

冒頭にRift届いた画像を載せたのは、サムネイル偽装です。えっちな内容は入ってないけど、えっちなゲームのサムネがでてるのはまずいかなって。

 

ちなみに、しばりすとGripMovePluginでコントローラーの操作性をあげています。

vrtaiken.hatenablog.com

 

MOD導入とかの話はこっちの記事で(まあこの記事でもMODの詳しい導入方法は「ググってください」でしめてるんですけどね)。

 

ともかく、Touchがでたことにより、カスメもOculus Touchに対応し、コントローラーのmodのほうもTouchに対応し、コントローラーがあるよ! というViveの優位性は消えてしまったわけです。

 

じゃあ、カスメやるならOculus RiftとHTC Viveどっちがいいの? って話ですよね。

 

Oculus Riftのほうがスクリーンドア効果(VRHMDはOLEDにめっちゃ近づいて見てるわけだから、なんかOLEDに網目ががって見えてしまう困ったやつ)が抑えられていて、それのおかげでなんか画質クリアよーとか、Viveのルームスケールトラッキング最強とか、いろいろあるんですよね。

 

ただ、カスメってそこまで字を読むわけでもないし(Chu-Blip版は特に、エロシーン目当ての場合が多いのでほんと読まない)、Viveのルームスケールが使えるからメイドに近づきやすいかって言われると、Viveでもコントローラーで移動することばかりなのでそうでもない。

 

なので、正直どちらを買ってもいいという結論になっちゃうんですよね。どっちも体験した限り。

 

強いて言うなら、

f:id:takawitomoki:20170113214547p:plain

f:id:takawitomoki:20170113214607p:plain

Touchのほうが絵的にエロい。おっぱい触れると振動あるから(おっぱいの感触にはほど遠いだろうけど)触った感ある。

 

というのがね、あるんですよ(おっぱいの感触にはほど遠い“だろうけど”としたのは、そりゃまあ、童貞ですからね、知りませんよんなもん)。

 

じゃあOculus Riftのほうがいいの? と言われると、カスタムメイド3D2なら、Rift+Touchのほうがいいかもしれません(日本国内での買いやすさで言うなら圧倒的にViveだし、保守サービスとか考えるとRiftは海外に送ることになるからやめとけとは言いますけど)。

 

じゃあ、Chu-Blip Sデバイスがいるカスタムメイド3D2 with Chu-Blipの場合はどっちがいいか。

 

これは、今年のCES2017でのHTCの発表を見ると、少し考えることがあるかもしれません。それは。

www.moguravr.com

Viveトラッカーなるものの存在です。

これをつけたものはたちまち、Viveのルームスケールでトラッキングすることが可能になるんです。

 

で、現状、chu-Blipデバイスを探すのって、VRHMDをかぶってからだと、見えないので探しづらいんですよね。その間に萎えてしまうかもしれません。

 

もうおわかりですよね……?

 

そう、Chu-Blip Sデバイスを、トラッキングすることが可能になるかもなんですよ!

 

嫁イドとの大事な夜伽の前にうっかり忘れ物してもこれで安心!

(こう書くと避妊具のことみたいですね)

 

あとですね、Chu-Blipで嫁イドと夜伽してるときって、案外胸揉むとかする余裕ないんですよね。なので、Chu-Blipを使うときは、ViveだろうがRiftだろうが手の形であることは関係なしなんですよ。

 

なので、カスタムメイド3D2 with Chu-Blip or カスタムメイド3D2 with Chu-Blip Sをお使いの場合は、将来の可能性を考えてHTC Viveのほうがよいと思います。

 

(Riftでも夜伽の前にきちんとChu-Blip手にしてればいいんですけどね)

 

まあ、どっちがいいかと言われたら、まあこっちかな、というレベルなので、ViveだろうがRiftだろうが、同じカスタムメイド3D2ユーザーとして仲良く嫁イドを愛しましょう。

 

この記事が皆様の嫁イドとの幸せなひとときの一助になることを願っています。

 

(なんだこの締め方)