二次元にどっぷり浸かりにいってくるVR遂行記~PSVRとHTC ViveとOculus Riftを添えて~

二次元沼に浸かりたいがためにVRに手を出していく人のブログ。カスメ関連の話題が多い。あととうとうViveとRiftとPSVRの3機種がそろうことになりました。

年に10回は東京-名古屋を往復する筆者の東京-名古屋のバス選び(VRあんまり関係ない)

タイトル通りです。

 

僕は地元が岐阜であり、住んでいるところが千葉なので、よく東京ー名古屋の夜行バスに乗っています。

 

理由はもちろん、安いから。

 

で、どのバスに乗るか書いておくのが、自分の備忘録っぽくなっていいなって思ったので、VR関係ないですが、書いておきます。

 

VR関係あるのはイベント的にはどっちかっていうと東京-京都・大阪の夜行バスかと思ったり。こっちは年4回くらいなのでもう少ししたら書くかも。

 

・夜行バスに乗る前の大前提

夜行バスに乗る際は、他の交通手段と見比べつつ、コスパを気にしながら乗ると幸せになれます。具体的にいうと、金土日のバスは非常に高くなります。その場合、ぷらっとこだまだとか、LCCのほうが幸せになるときがあります。

 

具体的にいうと、東京-名古屋のバスは、金土日だと、平日なら2000円を切る時期でも5000円くらいはします。

 

つらい思いをする夜行バス(4列)、しかも平日なら半額以下で乗れる路線に乗る。

 

僕は基本的に夜行バスが嫌いなので、金土日の移動は学割新幹線だとか、ぷらっとこだまだとかを使ってしまいます。というか金土日に移動することは極力避けていますが。

 

特に、学生の場合は、鉄道の学割は強力です。学生でなくても、東京→名古屋の方向限定ですが、通常のきっぷ+ホームライナー浜松3号など、非常に楽できてなおかつコスパのいい移動方法もあります。

 

夜行バスを値段目的で使うならば、金土日はほかの交通手段も検討してみるといいかもしれません。

 

時期もあります。特に18きっぷを前にすると、価格面では夜行バスは無力です。

 

まあ5回分使うとか、いろいろと18きっぷにも使いづらい点はあります。しかし、18きっぷ期間って、大体繁忙期みたいなもんなので、夜行バスって普段より高いんですよね。だから、乗り換えが苦でなければ、18きっぷの鈍行移動もよいと思います。

 

特に、東京-名古屋、京都、大阪、姫路といった、東海道線区間は電車本数も多く、豊橋~姫路の間は大体快速、新快速でびゅーんといけてしまいます。

 

夜行バスが価格面では絶対ではないことをつらつらと述べたところで、バスごとに分けて説明していきます。

・4列シートのバスの場合

4列シートのバスというのは、よくある観光バスっぽいバスに夜中ずっと乗りっぱなしになる刑を食らうやつです。観光バスですよ、観光バス。つらいです。

 

この4列シートバスは、乗るのであれば可能な限り混雑するバスを避けるのが無難です。

 

さて、少し話がそれて、値段の話しになりますが、18きっぷ期間とGWや年末年始などのイベントごとが重ならないとき、東京-名古屋の4列夜行バスは1600円とかから乗れたりします。

 

時期でいうと、5月後半~6月、9月~11月、2月~3月ぐらい。ただし、最安値のバスは人が集中することが多い。そういったバスに乗る場合、基本眠れないくらいにはつらいです。

 

まあ東京-名古屋の400キロ未満、乗車時間にして6時間未満なら、まだ耐えられるので、最安値のバスに乗るのもいいでしょう。ただし、翌日に予定を入れるのはおすすめしません。

 

個人的に穴場だと思うのが、最安値+500円くらいのバス。これでも東京-名古屋なら大体2000円台前半で乗ることができます。

 

僕は杉崎観光バスの夜行によく乗ります。

 

www.sugizaki-highwaybus.com

 

運次第にはなりますが、結構隣に人がこないことが多い。そのため、4列シート値段ながらかなりの快適さを得ることができます。

 

まあ、杉崎観光バスの東京-名古屋のバスは、

・名古屋側がミッドランドスクエア前と名駅にすこぶる近い(多くの格安バスの場合、基本名駅南のささしまライブ前の国道で乗ったり降りたりする)

 

・東京側が駐車場なのに快適である八重洲口鍛冶橋駐車場であるため乗り降りしやすい。

 

夜行バスに乗るときは、東京-名古屋に限りませんが、乗車場所を検索してからバスを選ぶと幸せになれます。

 

東京側はバスタ新宿ができたおかげで、どんなに格安バスでもまともな待遇を受けることができますが、地方はそうはいきません。

 

名古屋のように名駅から結構歩かされるささしまライブ南に飛ばされることもあります。京都のように鴨川十条のタイムズで降ろされることもあります。

 

なので、事前に検索をかけて、そこで大丈夫だと納得してから予約しましょう。鴨川十条タイムズは十条駅からも結構離れてるので本当に気をつけましょう。

 

・3列シートのバスの場合

路線によりますが、下手な4列シートバスよりも3列シートバスのほうがお得な時もあります。東京-名古屋だと、さくら観光のリラックス3で運行している路線がそれにあたります。1600円台の4列シートバスが出てる時期だと、こいつには2900円で乗れてしまいます。

 

3列シートバスならば、混雑していても耐えられるため、最安値のバスを狙ってもいいと思います。

 

1300円追加しただけで、広々となります。4列はいやなんじゃ! という人にうってつけです。僕もとうとう3列シートバス民になってしまいました。

 

ただし、最安値だけあって、3列シートの格安バスは、大体乗車地点やら降車地点が4列シートの項で書いた、よろしくないとこにあることが多いので、そこらへんを飲み込める人が使いましょう。

 

・夜行バスの予約する時期

飛行機だと早割とかですごい安くなりますよね。しかし、夜行バスは早ければ早いものばかりではないです。僕がつらつらと書いてきた夜行バスは、じゃらんとかで予約できるものなので、早くても安くならないものばかりです。

 

じゃらんなどから予約する場合は、一週間~3日前くらいに予約しましょう。

 

この時期に入ると、席を売り切ってしまおうと安くするバス会社が増えてくるためです。

 

なお、じゃらんに表示されないバス、青春エコドリーム号など、JRから発売されているものはこの限りではないので、バスによって使い分けるのが賢明です。

 

僕は面倒なのでじゃらんに表示されるバスばっか乗ってます(Pontaポイントマンなのもある)

 

・東京ー名古屋の他の格安移動方法

最後に、夜行バス以外で書いて締めます。

 

・昼行バス→ 4000円くらいで行けます。ただし、昼にバス乗るので土日の片方が移動に消えます(´・ω・`)

 

・東京-名古屋のJRの切符×ホームライナー浜松の併用

18きっぱーの間で話題の移動方法。ホームライナー浜松1号(静岡始発でした)もしくは3号に乗ることで、沼津、静岡→浜松を快適に移動できます。ホームライナー浜松3号にいたっては、浜松から豊橋行きの普通電車に切り替わるため、沼津→豊橋を快適に移動できます。

 

乗車券6260円+ホームライナー浜松の整理券320円の6580円で移動可能。ただし、沼津にぎりぎりで到着すると整理券買えないのでちょっと怖いですね。なお、整理券を買わずにライナーに乗っても、車内精算でどうにかはなります。しかし、満席のときとかは困るので、沼津で余裕を持って買っておくのが無難です。(東海のホームライナーの整理券はえきねっとどころがみどりの窓口でさえ買えません。当日に沼津駅など発売駅に向かいましょう。

 

沼津駅でお弁当を買って、夕飯としてライナーの中で食べるとすごいいい感じになります。

 

ただし、ホームライナー浜松でのワープは東京→名古屋の一方向だけなのでご注意を!(名古屋→東京の場合、浜松からだと静岡止まりしかないです)

 

18きっぷ期間なら2370円+320円で移動できる方法に変わります。つよい。

 

ーーーーーーーーーーーーー↓ここから先はまあよく知られている方法ーーーーーーーーーーーーー

 

ぷらっとこだま

www.jrtours.co.jp

東京-名古屋で8300円。ワンドリンク付なので、結構快適に移動できます。

 

・学割×新幹線(学生のみ)

東京-名古屋なら全体で1万を切るうえ、かなり人間的な扱いを受けて移動できる。

 

・普通に新幹線

名古屋→東京の場合は時期によっては自由席は座れないので注意。

 

東京-名古屋ならば、羽田・成田ーセントレア の空路もありますが、わざわざ飛行機使うくらいなら新幹線でいいと思えてしまう所要時間と距離と値段なのでおすすめしないです。

 

VR興味あって東京のイベントいきたいけどお金が、とか、そういう人はいろいろな手段で安く移動してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

Tempur(テンピュール) スリープマスク

Tempur(テンピュール) スリープマスク